noribeetaimu3

アクセスカウンタ

zoom RSS 久賀島

<<   作成日時 : 2017/02/25 20:57   >>

ナイス ブログ気持玉 226 / トラックバック 0 / コメント 11

13歳までいた五島の久賀島
夢にまで出てくる風景にどうしても逢いたくて出かけた
画像




画像
小さな島の一部しか知らなかった私
4時間足らずではあったが、レンタカーで走ってみた
赤は今回、緑は7年前に行った所
線は立岩が湾の奥で見える地点


画像
ジェットフォイルで福江に近づくと風車が浮いている
環境省 はえんかぜ



画像
長崎〜福江間100km。45.5ノットのペガサス内からの鬼岳



画像
福江港からはシーガルで久賀島へ向かう
この船は船底にガラスがはめ込まれていて海中を見ることができる



画像
風が強くかぶった潮が流れ落ちてくる



画像
借りた車は電気自動車アイ・ミーブ
軽だけれど急な坂もぐんぐん登ってしまうし、加速やトルク感はうちのカローラ以上
1回の充電で400km走れるならすぐにでも欲しい車!



画像
久賀湾波止場近くの折紙神社
ここで相撲やってたな



画像
永里付近からの久賀湾



画像
さらに北に進み深浦から見た湾の真ん中にある弁天島
    (hisakajimaさんが詳しく紹介しています↑)


画像
鵜岳の道
離合場所も少ない山道が続く
生徒は渡海船で通っていた



画像
島北端の細石流湾?は砂浜なのか色が違って見える所がある
ここへは初めて来たけど、平地はなくたぶん漁で暮らしていたと思う



画像
強い北風で波が噛みついている



画像
久賀湾の入り口、折紙鼻
平瀬や立岩が見える
画像
その立岩
今思えば小さな船だった長丸が、船首を波に突っ込み横倒しになるぞ!と目を見張っていたら、なんとか起き上がり船の何倍もの大波にもまれていた
まだ泳げなかった私はずぶ濡れになりながらきしむ船と岩にぶつかる波の中で固まっていた



画像
移動中、車以外は深浦のこの方としか会わなかった
今は5世帯しかなく、もうすぐ一家が東京からやってくるそうだ
私の叔父をよく知っててくれた



画像
昔は車が通れなかった猪木からの道を市小木まで
どちらの道も徳女岳を取り囲むように回っている
左の山は白岳



画像
猿田彦神社
何度も登ってたハズなのに何故か覚えていない



画像
おりたち橋から市小木方面(上流)
この橋は架け代えられて方向も変わっていた
木の橋だった頃自転車に乗っていた少年を橋から突き飛ばしたオッサンがいたな



画像
反対の湾側
道が向こうに曲がる手前に鍛冶屋があってフイゴの音が聞こえていた



画像
左は干拓地で右に大開橋が見える
ここでは食べきれないほど釣れたハゼや、ひとつの石を倒すと3匹のナマコが一斉に浮き上がって1コも獲れなかったこと、シラウオ漁、溺れてしまった友達などを思い出す



画像
蕨と大開への分かれ道の家
豚の飼育が行われていたのに



画像
大開からはココへも小川が流れている
左側にトリモチの木があったんだけど・・・



画像
緩やかな坂を登ると柳坂神社
巡業の芝居を何度か見たことがある
刀が本当に切れそうで怖かったことだけ覚えている



画像
当時、役場以外では珍しい鉄筋家屋の石垣にはボケの花が咲いていた



画像
山道を下りてきた所の見慣れた風景
徳女岳と以前は小学校が見えていた



画像
昔は赤土のデコボコ道だった
入口が塞がっているけれど小さな防空壕がいくつかあり、中でロウソクを灯して遊んでた



画像
父母は孫の為にと田畑に多くの杉を植えてこの地を離れた
以前1度は頼んで枝打ちをやり、10年後来てみたら枝だらけでダメだと思っていた
今回は、高くて大きい杉になっている
誰かが手入れしてくれているのだろう
父母には悪いけれど、島の役に立てればいいと思う



画像
住まいがあった所まで登ってみた
割れた五右衛門風呂、砥石などがあり当時の配置を描いてみた
明け方の薄暗い中ひどい雨漏りで目覚め、外を見ていたら空から黄色い光の棒がドーンと落ちてきて地面が揺れた
当時は10mほど先に感じていたが実際はその半分以下に落ちた雷だった



画像
川の水は枯れていた
住んでた頃も一度そんなことがあったが、ここだけは湧きつづけていた
今回もわずかに流れている水を丸めた葉に溜めて飲んでみた



画像
よくそのままの形で残るものだ!と感心した貝類
食後に捨てた後の強烈な匂いの記憶がよみがえる



画像
2軒の家があったが水害で傾きこの地を離れた
暫く歩きまわって宅地跡に別れを告げた



画像
今は舗装されているが、凸凹道は多くのクモの巣を払いながら歩く時期もあった



画像
私と兄を乗せた自転車が少し下っている道を猛スピードで走っている
左右の木の葉が線になって飛んでいき、ものすごい眠気に襲われた
気がつくと川の中から私を持ち上げている兄の姿と、頭を打ち付けた石がぼんやり見えている
『病院に行くか? かあちゃんとこ行くか?』と聞くので『母ちゃんとこ行く』と答えた
自転車に寝かされ、いつも見慣れている風景がとても愛おしく温かい涙に満たされたような心地だ
消防小屋を曲がるとき夢の無い眠りにおちた



画像
U字形の島の東側を行く
山がへこんでいる所が湾の出口



画像
入り組んでいて障害物が多い湾の奥から不思議と立岩が見える地点がある



画像
少し行くと牢屋の窄がある
あまりの貧しさゆえこの世に絶望しあの世が唯一の救いだったのかもしれない・・
私の先祖も数名亡くなっている



画像
入口にキルタンサスの花も咲いていた


画像
小舟が浮かぶ海のそばを抜け、折紙展望台に向かう



画像
 展望台からの日本最少の有人島、蕨小島(中央)と向こうは奈留島
画像
 反対側の久賀方面
ほとんど平地が無い島の地形がわかる



画像
今回は行かなかったが以前に写した五輪教会



画像
久賀の中心部へ戻ってきました
当時は何なのか分らなかった忠魂碑
よくここでも遊んでいた



画像
もっと多くの墓があり背後には商店や理髪店があった
この下にも水が湧きだしていて久しぶりに飲んでみた



画像
島の西、浜脇教会まで走る



画像
田の浦、7年前の亀河原椿原生林
山一面に白く輝いて光を反射している椿林 



画像
フェリーひさか・・
最初にショッキングピンクの船を見た時、とても心がかき乱された覚えがある

車を返しここへ向かう途中、タクシードライバーに南君知らないか?と尋ねると私だと言う
とうぜん同級生の話になり美味しい米の話などをしていたら桟橋に着いてしまった
学生時代の彼の面影を無理やり重ねてみたが同一人物とは思えなかった



画像
奥浦に向かうフェリーから
左が福江島で右が久賀島


画像
堂崎天主堂が近い奥浦港



画像
福江港に向かうバスからは桜が見えていた



画像
福江桟橋の海鳥たち



画像
7時過ぎ、長崎港ではサファイアプリンセスが動き出していた

気がつくとこの日食べたのは、車代を払うのに釣りが無いと言うので買った駄菓子と島の水だけだった
島に行って美味しい魚を食べないなんてバカみたいと言われるかも知れない
でも、私の中に息づいてしまったこの島にもう一度逢いたい気持ちだけがなによりも強かった




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 226
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
今日は久しぶりにお会いできて、楽しい一時を過ごすことができました。
こちらのブログにも久しぶりにお邪魔して、今日お聞きした久賀島のことを、画像と共に再確認しました。素晴らしい島ですね。子供のころの思い出も、とてもよく描かれていました。
ayako
2017/02/26 21:24
いつも突然のお邪魔ですみませんm(__)m
トクちゃんますます優しいなぁ〜

50になった頃からヤケに島のことが思い出されて、どうしちゃったんだろう?と思っていました
最近は誰の中にも子供時代の思い出がいっぱいなんだと感じています
デモいつまでも少年の私は少しばかりソレが強いのかも・・
たまには行きますね!
嬉しかった〜!ありがとうございました〜!
nori
2017/02/27 03:19
懐かしい場所を訪ねると次から次へと思い出が甦ったことでしょうね。小さいころのことは忘れないものですよね。ステキな景色とともにあっという間の時間のようでしたね。すばらしい思い出!
ひぽたん。
2017/02/27 15:22
物心ついてからの8年間
その後も、いろいろあったはずなのに50歳くらいからその頃の記憶が私の大部分を占めるようになり・・どうしたことか?!今では島が私の中で息づいてしまっています
いつか ひぽたんさんのふるさとも紹介して〜!

水上スキーで海を行くかばさんを考えたのですが、文字数の限界で一枚もアップ出来ないので今回は諦めました〜
nori
2017/02/27 19:14
何気に写真を何か増えていないかなー、と思いながらコメントを読んでいたら、「南」君の名前がー!    同級生の「南矢平」君でした?           2年程前に行った時に松本タクシーの人にたまに南君に運転してもらう、という事を聞いたことを思い出しました。その時は会えなかったのですが、元気にしていました?
彼とは高校が一緒でした。(クラスは違っていましたからほとんど話したことはなかったのですがー。)
彼は柔道部でした。懐かしい思い出です。
トト
2017/02/28 08:49
ちょっと気になって、五輪教会はいつ建てられたのかを調べて見ました。今ある旧五輪教会は元々浜脇教会だったという事は知っていることだと思います。
五島の最初の教会は上五島の頭ヶ島教会で、1870年に木造で建てられたというデータがあります。
1878年に青砂ヶ浦・1880年に三井楽・水の浦・が建ち、旧五輪教会は浜脇教会として1881年に建立されたそうです。堂崎教会が1884年ですから、この頃五島の教会が建っています。基本的に木造が最初です。旧五輪教会は1931年に浜脇教会が五島初のコンクリート造りの教会を建てる時に今の五輪に移設されたそうです。母曰く、当時は信者さんが多くて今の浜脇教会にも入れないぐらいだったそうです。
昔の信者さんの信仰心とパワーはすごかったんでしょうね。私にはついていけないだろうと思います。
トト
2017/02/28 13:56
もう限界までアップしていて、このぺージには画像を1枚も追加することはできません
600枚あまりの画像の中から選ぶのに苦労したんだから〜

実は運転席の不鮮明な南君の画像はありますが、遠くからで本人の許可を得ていないので今はあげられません<m(__)m> (とても元気でした)
携帯等については、後日連絡いたします。

五輪教会は(移築されたものの)浜脇教会として建てられてから136年も経っていますね。
頭ヶ島・青砂ヶ浦など大雑把に言えば、今から140〜150年ほど前に建てられているのですね。
牢屋の窄からも150年・・なのでこの頃の五島の信仰は半端じゃなかったと思います
上五島の教会を建てるのにも物凄い苦労をしてますし

五島の著名な教会の建立年を調べてくださりありがとうございます
また連絡しますね!
nori
2017/02/28 15:08
この地には行った事はないので、自然が残っていて良い所やなぁ…
と読んでいましたら、少年時代の思い出が次々と。
そこから、この記事にガッチリと捕まってしまいました。

当時と変わっている所では、当時は、こんなで、こんなんやった…
変わっていない所では、懐かしさが一杯込み上げてくる。
ボクには、こういう場所がないので、写真と文に引き込まれました。

行った事はない町やし、当時を見ていた訳ではないのに、思い出話が、頭の中で映像化現象になってしまって…
タクシードライバーが、偶然にも、同級生だなんて!

タクシーは、後で登場するのですが…
ボクの頭の中で、こんなドラマになっていました。(^^ゞ
それは、
13歳まで居た久賀島の風景に会いたかった主人公が、その地に足を踏み入れ、一台のタクシーに乗る。
話をしていると、そのドライバーは、何と同級生。
そして、二人でタイムトリップに出掛ける…

画像と文が、まるで、映画でも見ているかのような錯覚になりました。
素晴らしいです。
yoppy702
2017/03/03 15:28
YOPPY702さんのコメント、とても嬉しく拝見しました。
ありがとうございます。

ただ、『ボクには、こういう場所が無いない』とおっしゃっている所が少し気になりました。
私の頃は長崎から6時間半で福江。さらに船を乗り継いでしか行くことの出来ない二次離島だということが、もしかしたら決定的に何か違うのかなって。
そこに住んでいると、島という限定された場所から外に出られない抑圧、無意識の圧迫感があるような気がします。(よけいに思い出が強くなる?)

思い出話は実際にあったことですが、今では私の中で生きていて映像化された記憶です。
(yoppyさんの映画のような・・で気づきました)
今回は、島出身の方が見てくれれば〜のつもりだったのですがyoppy702さんも楽しんでくださって、よかったなって、もう感激!です。
考えていただいたタイムトリップ!その後にどんなドラマになって行くのかいろいろ想像を膨らませて楽しんでいます。
あまりほめられたことが無いので、少しくすぐったいですがメチャ嬉しい!
ほんとうにありがとうございました。
nori
2017/03/04 04:53
noriさん
ステキな故郷ですねぇ〜
空気が美味しそう〜
長崎は熊本に居た頃
小学校からの修学旅行で行きましたが
もう半世紀以上も前の事
変わってるでしょうねぇ〜
いつまでも変わらぬ自然豊かな
故郷であって欲しいものですね
noriさん〜ず〜っと溯ってまで
沢山の心玉を有り難うございます
感謝感激雨霰〜あ、余計なものが
くっついてきましたね〜<m(__)m>
miki
2017/07/03 23:21
自然に恵まれたふるさとです
今では島住人の減少で大変みたいです
楽しいことだけでなく、しんどいこともいっぱいあったから、この島が忘れられないような気がしています
長崎市内も石橋群にしてもいっぱい新しい橋になっているし、新しい長崎を発見できるかと思います

気持ち玉溜まってしまってすみません
Mikiさんのブログを辿っていると、写真で絵画を描いているような・・光りの美しさを表現したいような・・絵本のようだったり・・とても魅力的です
またお邪魔しますね
ありがとうございました
nori
2017/07/04 16:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
久賀島 noribeetaimu3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる